Nihongo Instructor Club Japanese Language School in Azabu, Tokyo, Osaka and Nagoya.


January Guide Sign

Happy New Year!

I hope the new year of the rooster will bring much happiness to you all.

During New Years holidays in Japan, osechi-ryori, a variety of ingredients

are traditionally prepared and arranged in a set of lacquered boxes.

Lacquerware called shikki in Japanese are wooden containers

and utensils coated with resin obtained from the lacquer tree

and used for tea ceremony and daily life,

and so on. For example, most Japanese soup are served

in lacquerware bowls and eaten with lacquered chopsticks.

Process of producing shikki takes repeaed coating, creating a deep luster and a smooth touch.

The Japanese have been using lacquer since ancient times and developed various techniques to decorate shikki.

The most well-known techniques are makie (sprinkled application of gold or silver powder)

and raden (mother-of-pearl inlay).

These techniques have continuously developed into more refined styles.

Elegant beauty of shikki has fascinated people in Japan and around the world.

The latter includes Marie Antoinette, Queen of France who had a collection of Japanese lacquerware.

Surely “lacquerware” is called “japan”, while porcelain is “china”

 

明けましておめでとうございます。

酉年の本年が幸多い年でありますように。

日本ではお正月に伝統的なおせちを料理して漆塗りの重箱につめます。

漆器は漆塗りの木製の容器や道具のことです。漆の木から採った樹液が塗ってあります。

漆器は茶道具や日常品などに使われています。

例をあげると和食の汁物は漆塗りのお椀に注がれて漆の箸で食べることがあります。

漆器は何度もの重ね塗りをして作られます。

そのようにして深みのある光沢となめらかな手触りが生まれるのです。

日本人は漆を古代から使ってきました。そして漆器のいろいろな漆器の技法を生み出して来ました。

中でもよく知られているのは蒔絵(金銀粉を蒔きつけ漆で固める)や螺鈿(貝殻をはめ込む)です。

これらの技術はより洗練された漆工と進歩して来ました。優雅な美しさは国内ばかりでなく世界の人々を魅了しています。

フランス女王マリーアントワネットの日本漆器収集は有名です。

陶磁器が「チャイナ」と言われているのにたいして漆器が「ジャパン」と呼ばれているのももっともなことなのです。

http://www.nicjapanese.com


Nihongo Instructor Club

Azabu Juban Tokyo
http://nicjapanese.com